外壁塗装にかかる期間・工期はどれくらい?施工の所要時間を解説

公開日:2023/12/15

外壁塗装をするにあたり、施工期間がどの程度になるか把握することは重要です。立ち合いなしでも施工可能とする業者は多いものの、事故防止や近隣への配慮のために留守はひかえるべきでしょう。ここでは、外壁塗装の一般的な施工期間を解説します。立ち合い出来る日程を組み、安心して任せられる環境にしましょう。

外壁塗装にかかる期間とは

ここでは一般的な外壁塗装にかかる日数を解説しています。家族全員で立ち会えるよう、工夫して日程組みをしましょう。

施工期間

大体の施工は7~10日間程度必要になります。住宅の大きさや、稼働人員によっても期間は異なりますが、とくに注意すべき点は季節です。湿度に応じて塗料の乾くスピードが変化するので、早く終わらせたい時は湿度を気にしましょう。

雨が続く時期であれば、短くても30日間程度は必要です。順調に乾く季節でも、最低7日間はかかるので想定しておきましょう。なかには、7日間以内に仕上げることを売りにした業者もあります。スピードが売りなので一見便利に感じますが、仕上がりが雑であったり、塗料の質が悪いなど問題が発生するかもしれません

一般的な施工であれば、7日間は必ずかかることを理解しましょう。

外壁塗装の各工程ごとの流れと期間

外壁塗装は7つの工程で進められます。日々どのような施工がされているか、把握出来ると安心です。おおまかな流れと必要日数を覚えておきましょう。

近隣への配慮

外壁塗装の施工は、音や匂いで近所迷惑になる可能性があります。そのため、近所へのあいさつや施工期間のアナウンスは重要です。あいさつは業者がおこなうことが多くなっていますが、やらない業者もあるので注意しましょう。その際は、個人で丁寧なあいさつが必要です。

足場・シート設置

高所作業が多くなるので、足場の設置をおこないます。美しい仕上がりにすることと、安全性を高めるために必須アイテムです。また、塗料が飛び散り周辺を汚さないために、飛散防止シートも張ります。この工程は1~2日間で済むでしょう。

洗浄

外壁全体の汚れを落とす高圧洗浄の作業です。ほこりやカビ、花粉などあらゆるものを無くすことで丁寧な仕上がりになります。

1日かけてしっかりと洗浄し、その後2日間の乾燥が必要です。天候や汚れの程度によりますが、3日間はかかる工程でしょう。また、高圧洗浄はとても音が激しいので、とくに近所に配慮すべきです。

下処理

下処理とは、剥がれている膜を取りのぞいたり、表面を平らにしたり、ひび割れを補修する作業です。細かく確認していくので、2~3日間はかかります

また、この段階で塗装しない部分を守る養生テープを貼ります。窓やエアコンの室外機など、塗料がかからないようにします。

塗装開始

塗装作業は3段階に工程が分かれており、それぞれ最低1日はかかります。合計3日間以上がかかることを想定しましょう

まずは下塗りで、塗料を壁に密着させるための下地を施します。次に中塗り、最後に上塗りをして終了です。中塗りと上塗りは同じ塗料を使用し、都度しっかり乾燥させます。

半端な状態で進めると仕上がりがかなり悪くなるので、丁寧に行います。しかし、業者によっては中塗り・上塗りが1度で済む塗料を使用する場合もあります。その際は、時短して早く仕上がるでしょう。

点検

業者とともに仕上がりを確認する工程です。気になる箇所があれば、すぐに報告しましょう。足場を解体したあとは、修正が難しくなるのですぐにお願いすることが重要です。

また、やり直し作業も含めて、余分に予定をあけることが大切です。

足場撤去

最後に足場撤去や掃除を行ない施工は終了します。1日あれば終わる工程です。また、足場撤去の際に傷や汚れがつく可能性もあるので、最終チェックを必ずしましょう。

外壁はもちろん、庭や車など周辺の確認をすることは重要です

外壁塗装にかかる時間を短縮する方法

外壁塗装は繊細な作業なため、それなりに時間は必要になります。そこで、少しでも時間短縮するための工夫を解説します。家庭の事情に合わせて、上手に依頼しましょう。

職人の増員

通常1~2人程度の職人が行いますが、増員することで作業が早く進みます。しかし、塗装会社の人員に余裕がある場合に限るので、まずは相談が必要です。また、人件費がかかる分、割高になることも想定しましょう。

効率の良い季節を選ぶ

洗浄水や塗料が乾きやすい季節に依頼をすると良いでしょう。具体的には春・秋がおすすめです。雨が降りにくく、適度に乾燥しているので作業効率が上がります。

新潟市で晴れ間が最も多いとされる10月は、とくに施工のチャンスです。しかし、春・秋は塗装業界の繁忙期であり、予約がすぐにうまってしまいます。また、価格も高くなるので、よく検討しましょう

そして、雪のシーズンは価格が安くなるものの、極端に時間がかかるので注意が必要です。

まとめ

外壁塗装は数年に一度行うことで、住宅の安全性が高まります。また、景観が良くなり愛着がわくでしょう。新潟市では外壁塗装業者が多数あるので、たくさん見積もりに出すことが出来ます。家庭のスケジュールとマッチしつつ、満足出来る技術と出会えるでしょう。予約でうまることを考えて、早めに計画することがおすすめです。

【エリア別】新潟市の外壁塗装業者

おすすめの新潟市の外壁塗装業者

おすすめポイント詳細リンク公式リンク
塗鈑瓦屋(とばんがや)塗装以外に交換や張替えも行う!社員は全員職人!ワンストップで対応できる!詳しくはこちら公式サイトへ
三州ペイント塗り替え相談の際に細かく丁寧にヒアリングを行う!営業の知識が豊富!詳しくはこちら公式サイトへ
ミサワホーム北越365日24時間受付体制でアフターフォロー!全国各地に営業所を展開!詳しくはこちら公式サイトへ
新創株式会社新潟市に密着し続けて43年以上!ショールームがあるので実物を見て判断できる!詳しくはこちら公式サイトへ
株式会社 満天新潟県内での施工実績が2,800棟以上にも上る!職人の育成にも努めている!詳しくはこちら公式サイトへ
新潟ペイント工業株式会社7年以上の長期安心保障を用意!もし不備があれば無償で対応してくれる!詳しくはこちら公式サイトへ
ダイケンリフォームスタッフの対応や人柄が高く評価されている!第三者機関がしっかりと検査!詳しくはこちら公式サイトへ

おすすめ関連記事